生命保険や医療保険を選ぶ時、共済について考えるのも忘れないで

保険に近い仕組みに共済というものがあります。近い仕組みというか、ほとんど同じものだと思って良いでしょう。

生命保険に入ることを考えている人なら、共済も忘れずに検討しましょう。共済の方が生命保険会社の死亡保険や医療保険よりも安いことが多いですからね。チェックだけでもしてみる価値はあると思います。

共済で代表的なのは、全労災とJA共済の2つでしょう。とりあえずは、この2つをチェックしておけば良いのではないかと思います。

ちなみに共済というと、こくみん共済という名前を思い出す人もいらっしゃるでしょう。テレビCMなども流れているようです。

しかしながら、こくみん共済という独立した組織があるわけではありません。実は全労災の商品の一つですなのです。

仕組みがちょっと複雑

共済のサイトを見ていて思ったのですが、仕組みが複雑なものが多いような印象があります。個人的に一番理解に苦しんだのが、死亡原因によって死亡保険金額が違うケースがあるという点です。

全労災の定期生命プラン・総合タイプというところの商品説明を見ると、病気等で亡くなった場合と不慮の事故で亡くなった場合で共済金(要するに死亡保険金)が違うのです。

率直に言って、そうする理由は全く分かりません。死亡理由が何であろうと、残された家族にとって必要な額は大差ないと思うんですよね。

それとも、災害などで亡くなった場合は、普通の場合よりもお金がかかるということを念頭においているのでしょうか。ちょっとわかり難いですね。

何にせよ、普通の生命保険よりはちょっと癖がある商品が多そうです。もっとも、漢字生保と呼ばれる古くからある生命保険会社の商品も、複雑なものが多いですけどね。

幅広く商品展開しています

ちなみに共済では、損害保険的な商品の取扱もあります。自動車保険やら火災保険の役割をする商品があるわけです。

自動車保険に相当する共済に関しては、保険料が相当安くなるという話もあります。自動車を持っている人は、こちらもチェックしてみると良いでしょう。

その他にも、取扱保障の数は、かなり多いようです。生命保険や損害保険が取り扱っているものに関しては、大体カバーしているという認識で良さそうですね。

それ以上に、生命保険や損害保険として扱われていない、変わった保障も見つける事ができます。色々調べてみると、面白いと思います。

スポンサードリンク

専門家の意見を聞いてみよう!

生命保険や医療保険についてプロの意見を聞いてみませんか?保険マンモスなら、生命保険の無料相談が出来ます。

保険のプロが複数の保険会社の商品の中からベストの商品を紹介してもらえます。初めての保険選びと言う人も、保険の見直しと言う人も、試してみてください。

生命保険の資料請求に便利な「保険市場」を使う前に

保険市場は生命保険の資料請求をするのにとても便利なサイトです。しかし情報量が多いので、ある程度知識が無いと混乱してしまうかもしれません。 そこで、基本的な保険の種類について、簡単に整理したページを作りました。このページを読んで、どんな保険があるかを知っておくだけでも、保険市場を大分利用しやすくなるはずです。

スポンサードリンク


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。