共済ってそもそも何なの?| 生命保険と何が違うの?

共済と呼ばれる、生命保険に類似した商品が販売されています。このことは、知っている人が多いでしょう。

代表的なのは全労済やJA共済などが取り扱う共済です。これらの組織はテレビCMなども積極的に活用しています。ですから、組織の名前もご存知の方が多いでしょう。

でも、その詳細となると、よくわからないという人が多いのではないでしょうか。

全労済やJA共済というのが何なのか、きちんと説明できる人はかなり少ないと思います。JA共済などは、その名前から、農業関連の人たちの団体なのだと言うくらいは分かりますけどね。

また、共済とうのが一体どんなものかも、良くわからないという人も多いでしょう。なんとなく生命保険に似たものだという漠然としたイメージの人が多いと思います。

そこでこのページでは、このあたりの点について、簡単にまとめてみましょう。

全労済やJA共済って何?

まず、全労済やJA共済といった組織は、協同組合と呼ばれる組合の一つです。協同組合というのは、一言で言ってしまうと、「非営利の相互扶助組織」ということになります。相互扶助という考えがベースにありますので、保険と非常に相性が良いわけです。

ちなみに、全労済は労組系の協同組合です。また、JA共済は農業関連の協同組合です。

共済って何?

次に気になるのが、共済というのは何かという点です。実は、この説明が非常に難しいです。

一言で簡単に言ってしまうと、「ある組織の中の内輪の保険制度」と考えると理解がしやすいでしょう。

例えば全労済には、こくみん共済という共済商品があります。内輪の保険制度ですから、このこくみん共済を利用するには、全労済の組合員になる必要があるのです。

生命保険会社の保険は誰でも利用できるのに対して、共済は組合員しか利用できないというイメージです。

ちなみに、保険類似商品である共済は、保険法の適用を受けます。

組合員になるのは簡単なケースも多い

共済を利用するには、その組織の一員になる必要があります。労組系の組合やらJA系の組合というと、入るのが難しい印象もあるでしょう。

しかし、実際は、必ずしもハードルが高いものではないようです。有名な協同組合は、一定の出資金を出すことなどで、簡単に組合員になることができます。

例えば全労済だと、1,000円の出資金を出せば組合員になれるようです。しかも、この1,000円は、将来返還されるお金なのです。

ですから、いくつかの共済は、誰にでも利用可能なものだと考えて良いでしょう。ということは、共済を利用することで、生命保険の選択肢が増えるのだと考えても良さそうです。

補足:共済組合とは区別して考えましょう

社会保険に興味がある人は、共済と聞くと、共済組合を思い出すことでしょう。共済組合というのは、簡単に言うと、公務員のための健康保険や年金制度の基本となる組織です。

よく、公務員優遇だとマスコミなどでも取り上げられていますね。

健康保険や年金も、広い意味では保険と呼べます。ですから、共済組合がやっていることも、大きく見ると似ているのかもしれません。

でも、似ているだけに混乱しやすいとも言えます。誤解の無いように、理解しておくことをお勧めします。

スポンサードリンク

専門家の意見を聞いてみよう!

生命保険や医療保険についてプロの意見を聞いてみませんか?保険マンモスなら、生命保険の無料相談が出来ます。

保険のプロが複数の保険会社の商品の中からベストの商品を紹介してもらえます。初めての保険選びと言う人も、保険の見直しと言う人も、試してみてください。

生命保険の資料請求に便利な「保険市場」を使う前に

保険市場は生命保険の資料請求をするのにとても便利なサイトです。しかし情報量が多いので、ある程度知識が無いと混乱してしまうかもしれません。 そこで、基本的な保険の種類について、簡単に整理したページを作りました。このページを読んで、どんな保険があるかを知っておくだけでも、保険市場を大分利用しやすくなるはずです。

スポンサードリンク


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。