生命保険の被保険者とは

生命保険において被保険者とは、次のような人のことをいいます。

生命保険では、その者の生死が保険事故とされている者。(大辞林)

ちょっと難しい言い回しですね。
そこで、一つずつ説明していきましょう。

一番最後に、簡単な言い回しで書き直しています。
結論だけ知りたい方は、このページの最後をご覧ください。

「保険事故」とは

まず、保険事故というのは、保険の対象となる事柄という意味です。
「その者の生死が保険事故とされている」と書かかれていますから、例えばAさんの生死によって保険金が支払われるような場合、Aさんは被保険者と呼ばれます。

「生死」ってどういうこと

次に引っかかるのが、「生死」という表現でしょう。

生命保険の契約ですから、「死亡」ならわかりやすいですよね。
生命保険というのは、誰かが亡くなったら保険金が支払われるものですから。

実は生命保険には、一定の年齢まで生きている場合に保険金が支払われるような契約もあります。
ですから、生存が保険金支払いの条件になるケースもあるのです。

分かりやすい例としては、個人年金保険などがあります。
年金保険は一定の年齢まで生きていると、保険金が支払われます。

簡単に言い直すと

ということで、被保険者を簡単な表現で書き直すと、次のようになります。

Aさんが死亡または一定の年齢まで生存した場合に保険金が支払われるとき、Aさんを被保険者という

スポンサードリンク

専門家の意見を聞いてみよう!

生命保険や医療保険についてプロの意見を聞いてみませんか?保険マンモスなら、生命保険の無料相談が出来ます。

保険のプロが複数の保険会社の商品の中からベストの商品を紹介してもらえます。初めての保険選びと言う人も、保険の見直しと言う人も、試してみてください。

生命保険の資料請求に便利な「保険市場」を使う前に

保険市場は生命保険の資料請求をするのにとても便利なサイトです。しかし情報量が多いので、ある程度知識が無いと混乱してしまうかもしれません。 そこで、基本的な保険の種類について、簡単に整理したページを作りました。このページを読んで、どんな保険があるかを知っておくだけでも、保険市場を大分利用しやすくなるはずです。

スポンサードリンク


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。