そもそも保険って何だろう?

大人なら誰もが当然知っている言葉だけと、説明しろといわれると難しい言葉ってありますよね。「保険」もそんな言葉の一つなのかもしれません。

どうやって説明すると分かり易く伝わるのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

保険の基本

先ず、保険という仕組みの重要な機能は、事故が起こるとお金がもらえるということです。これが一番大事な点ですよね。

万が一の時お金がもらえるので、万が一の時にも経済的に追い詰められることがありません。例えば、一家の稼ぎの中心である夫が突然亡くなっても、保険に入っていれば家族が路頭に迷わずに済むわけです。

「事故」という言葉には注意が必要

ところで、上で事故という言葉を使いましたが、この事故は私たちが日常的に使う「事故」とはちょっと違うんですけどね。

例えば、90歳のお爺ちゃんが病気で亡くなっても、普通は事故とは言いませんよね。でも、このお爺ちゃんが死亡保険に入っていれば、こういうケースでも事故と呼ぶのです。保険の世界では、保険金が支払われる条件になる出来事のことを事故と言います。

さらに極端なケースだと、ある人が65歳から支払われる個人年金に入っていたとしましょう。この場合、この人が65歳まで生きる事も、保険の世界では事故と言います。保険金の支払いの条件になるからです。

ちょっと特殊な使い方なので、注意が必要です。関連資料を読むときなどには知っておくべきです。

現金給付だけではない

もうひとつ付け加えると、「事故が起こるとお金がもらえる」というのも、実はちょっと正確性を書く言い方です。というのも。現物給付と言って、現金ではなくサービスが提供される場合や物がもらえる場合もあるからです。

例えば、自動車保険のオプションとして、ロードサービスがついている場合がありますよね。あれなんかは現物給付です。現金が受け取れるわけではなく、サービスが提供されるのです。

皆でお金を出し合うという点も重要

保険に関してもう一つ重要なのが、皆でお金を出し合うという点です。渡すお金がどこから来るかというのは、大事なポイントでしょう。

基本的な流れとしては、皆からお金を集め事故にあった人に渡すわけですね。現物給付の場合は、集めたお金が現物給付の原資になります。

まとめて見ましょう

ちなみに、「保険」という言葉は大辞泉では次のように定義されています。

ほ‐けん【保険】
火災・死亡など偶然に発生する事故によって生じる経済的不安に備えて、多数の者が掛け金を出し合い、それを資金として事故に遭遇した者に一定金額を給付する制度。生命保険・損害保険など。「―を掛ける」「―に入る」

「一定金額を給付」という表現はちょっと気になりますね。上にも書きましたが、現物給付の可能性もあるからです。また、現金の給付の場合も一定金額であるかどうかは分かりませんし。

でも、その点を除けば、上で説明した点で問題無さそうですね。保険に関する基本的な理解としては、「みんなからお金を集め、事故にあった人に配る仕組み」で良いのではないかと思います。もう少し細かく書くと、上で説明したようなことが言えるわけです。

スポンサードリンク

専門家の意見を聞いてみよう!

生命保険や医療保険についてプロの意見を聞いてみませんか?保険マンモスなら、生命保険の無料相談が出来ます。

保険のプロが複数の保険会社の商品の中からベストの商品を紹介してもらえます。初めての保険選びと言う人も、保険の見直しと言う人も、試してみてください。

生命保険の資料請求に便利な「保険市場」を使う前に

保険市場は生命保険の資料請求をするのにとても便利なサイトです。しかし情報量が多いので、ある程度知識が無いと混乱してしまうかもしれません。 そこで、基本的な保険の種類について、簡単に整理したページを作りました。このページを読んで、どんな保険があるかを知っておくだけでも、保険市場を大分利用しやすくなるはずです。

スポンサードリンク


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。