個人事業主(自営業者)は生命保険の必要性が大きい

「個人事業主(自営業者)の契約する生命保険(特に死亡保険)は、会社員と同じで良いのでしょうか?」個人事業主やこれから個人事業主になろうと考える人なら、誰でも気になる疑問でしょう。

結論から書いてしまうと、個人事業主は生命保険の保障を手厚くする必要があります。これにはいくつか理由があるのですが、最大の理由は、残された家族が遺族厚生年金を受け取れないからです。会社員に比べて、残された家族の生活が明らかに大変になってしまうわけです。

その不足分を補うために、生命保険の死亡保険は手厚くしておく必要があるのです。

個人事業主が若くして亡くなると残された家族が困る

個人事業主が若くして亡くなると、残された家族は会社員以上にその後の生活に困る可能性があります。いくつかの点で、個人事業主は会社員よりも不利なのです。

まず大きく違うのが、個人事業主は遺族厚生年金を受け取れないと言う点でしょう。つまり、残された家族の月々の収入がその分少なくなるのです。

また会社員の場合は、退職金がもらえる可能性もあります。この部分も、大きな違いと言って良さそうです。

この2点だけでも、個人事業主は生命保険の保障を手厚くしないといけないことが理解できるでしょう。

個人事業主は借金を背負っている可能性も大きい

個人事業主と会社員を比べた時にもう一つ違うのが、個人事業主は借金を背負っている可能性が大きいという点です。

金銭的な管理が苦手な人などを除くと、会社員の人はそれほど借金をしていません。せいぜい住宅ローンとか自動車のローンくらいでしょう。

住宅ローンは、夫が亡くなった場合、それ以降の返済が不要になる事が多いです。なぜかというと、ローン契約をするときに団体信用生命という保険に入る必要があることが多いからです。

ということは、夫が亡くなった時に、ほとんど借金が残らないわけです。

しかし個人事業主の場合は、何らかの借金を背負う可能性が大きいです。事業資金としてお金を借りることが多いですからね。

家族が遺産を相続する場合、こうした借金も相続することになります。つまり、残された家族が負債を返済していかないといけないのです。

この借金を考えると、生命保険は手厚くする必要があるでしょう。

スポンサードリンク

専門家の意見を聞いてみよう!

生命保険や医療保険についてプロの意見を聞いてみませんか?保険マンモスなら、生命保険の無料相談が出来ます。

保険のプロが複数の保険会社の商品の中からベストの商品を紹介してもらえます。初めての保険選びと言う人も、保険の見直しと言う人も、試してみてください。

生命保険の資料請求に便利な「保険市場」を使う前に

保険市場は生命保険の資料請求をするのにとても便利なサイトです。しかし情報量が多いので、ある程度知識が無いと混乱してしまうかもしれません。 そこで、基本的な保険の種類について、簡単に整理したページを作りました。このページを読んで、どんな保険があるかを知っておくだけでも、保険市場を大分利用しやすくなるはずです。

スポンサードリンク


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。