団体信用生命保険について覚えておきたい事

団体信用生命保険についての話がでてきたので、ちょっと補足をしたいと思います。

団体信用生命保険というのは、住宅ローンを組んだときに入る保険ですね。
借主の死亡などでローンが返済されない事がないようにするための保険と考えればいいでしょう。

この保険に入る事が住宅ローンを組むときの条件になっていたりします。
ですから、住宅ローンに興味がある人は、知っておいた方が良い内容かもしれません。

まあ、細かい知識といえば細かい知識なんですけどね。

契約者と被保険者

まず、団体信用生命の被保険者と契約者についてです。

被保険者は、当然ですが、住宅ローンの借主です。
その人が返済不能になるのを回避するのが目的ですから、これは当然ですよね。

次に契約者ですが、契約者は借主ではありません。
お金を貸している金融機関(貸主)が契約者になります。

ここが一般の生命保険と大きく違うところです。
個人の契約の場合、被保険者と契約者が一致する事が多いですからね。

また、保険の受取人もお金を貸している金融機関です。
つまり、死亡保険金は保険会社から金融機関に支払われる事になります。

契約者や受取人が金融機関でも、私たちには特に関係ない気がしないではありません。
でも実は、ちょっと不利な点があります。

それは、生命保険料控除の対象から外れてしまうのです。
所得税がちょっと高くなる可能性があるわけですね。

実質的に保険料を負担するのは、借主である私たちです。
ですから、多少腑に落ちない気がしないではありません。

細かい話ですが、知っておいた方がいい知識だと思います。

死亡保険金額は住宅ローンの残高と共に減少

団体信用生命保険の死亡保険金額は、ローン返済がすすむにつれて小さくなります。
これも、この保険の特徴的なところでしょう。

まあ、この点は理解しやすいのではないかと思います。

団体信用生命は、借主の死亡などで住宅ローンが返済なされないのを避ける為の保険です。
ですから、死亡保険金額がローン残高と一致するのは、当たり前といえば当たり前の事と言えるでしょう。

スポンサードリンク

専門家の意見を聞いてみよう!

生命保険や医療保険についてプロの意見を聞いてみませんか?保険マンモスなら、生命保険の無料相談が出来ます。

保険のプロが複数の保険会社の商品の中からベストの商品を紹介してもらえます。初めての保険選びと言う人も、保険の見直しと言う人も、試してみてください。

生命保険の資料請求に便利な「保険市場」を使う前に

保険市場は生命保険の資料請求をするのにとても便利なサイトです。しかし情報量が多いので、ある程度知識が無いと混乱してしまうかもしれません。 そこで、基本的な保険の種類について、簡単に整理したページを作りました。このページを読んで、どんな保険があるかを知っておくだけでも、保険市場を大分利用しやすくなるはずです。

スポンサードリンク


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。