一時払終身保険の保険料は生命保険料控除の対象になるか?

終身保険の月払いや年払いの保険料は、生命保険料控除という所得控除の対象になります。年末調整や確定申告をすることで、所得税の金額が小さくなるのです。

それでは、一時払の終身保険の保険料は、同じく生命保険料控除の対象になるのでしょうか。ちなみに、一時払というのは、契約時に保険料を全額払い込んでしまうことを言います。

控除の対象にはなるが

保険料を一時払いした場合でも、生命保険料控除は使うことができます。ただし、控除の対象になるのは、最初の1年だけです。

しかも、生命保険料控除には上限があります。具体的に書くと、年間8万円分の支払保険料までが控除され、控除額の上限は年4万円です。つまり、一時払だと最大でも4万円の控除しかないのです。

一方、月払いや年払いにした場合は、毎年所得控除の対象になるわけです。払い込み期間が20年として毎年4万円の控除が受けられるとすると、一時払の保険料にするよりも、20倍もお得ということになります。

ですから、単純に控除という点だけを考えると、月払いや年払いにしたほうが賢いといえるでしょう。

保険料は一時払のほうが安い

とはいえ、保険料を一時払にすることで、払い込む保険料は大幅に安くなります。ですから、控除を含めて考えても、一時払のほうが有利なケースが多いのだとは思います。

何にしても大事なのは、一時払いと月払いの特徴を理解した上で検討をすることです。そうしないいと、正しい判断が出来るはずはありません。保険料が安い一時払と、控除によるメリットがある月払いと年払いということですね。

また、控除額だけでは節税効果がどれだけあるかはわかりません。実際の年収とあわせて考える必要があります。所得税の場合は、年収が大きければ大きいほど節税効果も大きいですからね。

スポンサードリンク

専門家の意見を聞いてみよう!

生命保険や医療保険についてプロの意見を聞いてみませんか?保険マンモスなら、生命保険の無料相談が出来ます。

保険のプロが複数の保険会社の商品の中からベストの商品を紹介してもらえます。初めての保険選びと言う人も、保険の見直しと言う人も、試してみてください。

生命保険の資料請求に便利な「保険市場」を使う前に

保険市場は生命保険の資料請求をするのにとても便利なサイトです。しかし情報量が多いので、ある程度知識が無いと混乱してしまうかもしれません。 そこで、基本的な保険の種類について、簡単に整理したページを作りました。このページを読んで、どんな保険があるかを知っておくだけでも、保険市場を大分利用しやすくなるはずです。

スポンサードリンク


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。