予定利率とは?標準利率とは?

予定利率というのは、「生命保険の契約者に対して約束する運用利回りのこと(ウィキペディアより)」を言います。契約者から預かった保険料をこの利率で運用しますと約束するわけですね。

この利率は、契約時点で決まります。そして、その後契約が終了するまで変わることはありません。ですから、予定利率が高いときに契約すると、保険の契約者にとって有利です。逆に、予定利率が低いときに契約すると、契約者にとって不利ということになります。

予定利率が高い時期に契約すると、これは保険会社にとってのリスクになります。なぜかと言うと、予定利率を高く設定してしまうと、保険会社はそれを上回る利率で運用しないと損をしてしまうのです。

実際、バブル期には市場金利が上昇し、予定利率もとても高いものになりました。その後に市場金利が下がり、また株価も急落し、保険会社は非常に苦労しました。行き詰まって倒産した保険会社もありましたね。「逆ざや問題」として、新聞やテレビでもさかんに取り上げられました。

標準利率とは

保険会社は予定利率を好き勝手に決めているわけではありません。実は、金融庁が標準利率という利率を発表し、それを参考に予定利率は決められています。これを書いている時点の標準利率は1.0%です。

実はこの数字は、以前と比べてずいぶん低くなっています。例えば2000年ごろには、標準利率は2.0%でした。それ以前にはもっと高かったのです。

スポンサードリンク

専門家の意見を聞いてみよう!

生命保険や医療保険についてプロの意見を聞いてみませんか?保険マンモスなら、生命保険の無料相談が出来ます。

保険のプロが複数の保険会社の商品の中からベストの商品を紹介してもらえます。初めての保険選びと言う人も、保険の見直しと言う人も、試してみてください。

生命保険の資料請求に便利な「保険市場」を使う前に

保険市場は生命保険の資料請求をするのにとても便利なサイトです。しかし情報量が多いので、ある程度知識が無いと混乱してしまうかもしれません。 そこで、基本的な保険の種類について、簡単に整理したページを作りました。このページを読んで、どんな保険があるかを知っておくだけでも、保険市場を大分利用しやすくなるはずです。

スポンサードリンク


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。