平準保険料方式と自然保険料方式

生命保険の保険料の計算方法には、自然保険料方式と平準保険料方式という分類が出来ます。それぞれどんなものでしょうか。

自然保険料方式

自然保険料方式とは、被保険者の死亡率に応じて保険料を徴収すると言う考え方です。その後の1年間のリスクに応じて保険料を決めようと言う考え方ですね。

年齢が上がると死亡率が高くなるので、保険金額が変わらなければ、年齢が上昇するにしたがって保険料が高くなります。

平準保険料方式

自然保険料方式だと、年齢が上がると保険料が高くなりすぎます。そこで、毎年の負担をならしたのが平準保険料方式です。毎年の保険料を同じにするわけですね。

ちなみに、平準保険料方式を採用すると、若いころの保険料は本来のリスクに応じて高くなります。将来の保険料を先に払っているイメージになるわけですね。逆に、年齢が上がった人の保険料は、自然保険料方式に比べて安くなります。

若いころに余分に払っていた保険料はどうなるかと言うと、将来のために積み立てられることになります。これを責任準備金と言います。

責任準備金という単語も良く出てくるので、あわせて理解しておきたいところです。

スポンサードリンク

専門家の意見を聞いてみよう!

生命保険や医療保険についてプロの意見を聞いてみませんか?保険マンモスなら、生命保険の無料相談が出来ます。

保険のプロが複数の保険会社の商品の中からベストの商品を紹介してもらえます。初めての保険選びと言う人も、保険の見直しと言う人も、試してみてください。

生命保険の資料請求に便利な「保険市場」を使う前に

保険市場は生命保険の資料請求をするのにとても便利なサイトです。しかし情報量が多いので、ある程度知識が無いと混乱してしまうかもしれません。 そこで、基本的な保険の種類について、簡単に整理したページを作りました。このページを読んで、どんな保険があるかを知っておくだけでも、保険市場を大分利用しやすくなるはずです。

スポンサードリンク


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。