配当金の受け取り方には様々なタイプがある

前のページで見たように、配当金の決め方にはいくつかのタイプがあります。ただ、はそれだけではなく、受け取り方にもいくつかのタイプがあるのです。

このページでは、配当金にどんな受け取り方があるのかチェックしておきましょう。ちなみに、すべての生命保険で以下のすべてのタイプが選択できるわけではありません。受け取り方法が決まっている場合や、選択肢が少ない場合も多いです。

積立型

積み立て型というのは、配当金を保険会社の口座に積み立てていく方式です。満期保険金や死亡保険金が支払われるタイミングで、保険金と一緒に配当金も受け取ることになります。ただ、必要に応じて途中で出勤することも可能です。

買増型

買い増し方というのは、配当金を使って保険を買いますタイプです。契約上は一時払の保険を買う事になります。将来受け取る保険金の額を大きくすることが出来ます。

相殺型

相殺型というのは、配当金を使って保険料を減らす方法です。保険料と配当金を相殺するわけですね。この方法を採ると、支払う保険料を減らすことが出来ます。

現金支払型

現金支払型というのは、読んで字の如くです。配当金を現金で受け取ります。

どの方法を選ぶかはそれぞれですが

どの方法を選ぶかはそれぞれだと思います。個人的には相殺型か現金支払型が良いのでは無いかと思います。理由は簡単で、一般的には必要以上に保険を大きくする理由は無いからです。当初の計画通りの保険金があれば十分ですよね。

ただ、生命保険を使って資産運用をしている場合は、少しでも保険を大きくしたいと考える人もいるでしょう。こういう場合は積み立て型か買い増し方を選んでも良いのでは無いかと思います。

スポンサードリンク

専門家の意見を聞いてみよう!

生命保険や医療保険についてプロの意見を聞いてみませんか?保険マンモスなら、生命保険の無料相談が出来ます。

保険のプロが複数の保険会社の商品の中からベストの商品を紹介してもらえます。初めての保険選びと言う人も、保険の見直しと言う人も、試してみてください。

生命保険の資料請求に便利な「保険市場」を使う前に

保険市場は生命保険の資料請求をするのにとても便利なサイトです。しかし情報量が多いので、ある程度知識が無いと混乱してしまうかもしれません。 そこで、基本的な保険の種類について、簡単に整理したページを作りました。このページを読んで、どんな保険があるかを知っておくだけでも、保険市場を大分利用しやすくなるはずです。

スポンサードリンク


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。