「定期付終身保険→収入保障保険+医療保険」この認識って古くない?

東洋経済のオンライン版の記事に「死亡保険を劇的に安くする方法」という記事が出ていました。「保険は今より6割安くできる!」という書籍を元にかかれた記事のようですね。

ただ、書かれている内容は、それほど目新しいものではありませんでした。生命保険会社がすすめてくる定期付終身保険に入らずに、「収入保障保険+医療保険」にすれば安くなるという提案です。

保障が小さくなれば保険料は安くなるよね

率直に言って、この提案で保険料が安くなるのは当然です。なぜかというと、新しい提案にすれば保障が小さくなるからです。保障が小さくなれば保険料が安くなるのは当然のことですよね。

もちろん、保険料が安くなるからくりは、保障が小さくなるだけではありません。大手の保険会社を避けることで、同じような保障でも保険料を引き下げることが出来ます。そういった工夫を踏まえて6割下がるといっているのでしょうけどね。

また、保障が小さくなるのは、必ずしも悪いことではありません。不要な保障なんて、無いほうが良いですからね。むしろ合理的な提案だとも言えそうです。

保険料が安くなった分は貯蓄をしよう

この記事で批判している定期付終身保険ですが、一部に貯蓄の機能を含んでいます。具体的には、主契約である終身保険は貯蓄型の保険の一種ともいえます。

一方で、乗り換える保険として紹介されている収入保障保険には、貯蓄の機能は全くありません。ということは、定期付終身保険を選ばないことで、その分貯蓄が減っているともいえるのです。

確かに、定期付終身保険は、スジが悪い保険だと思います。しかし、この保険をやめる事で、結果的に貯蓄が減っていることも事実です。

ですから、定期付終身保険をやめる代わりに、別の貯蓄をしないといけないでしょう。もちろん、安くなった保険料の全額を貯蓄に回す必要はありません。

でも、浮かした保険料のある程度の部分は、貯蓄に回さないといけないでしょうね。

医療保険って必要なの?

今回の記事の提案でもう一つ疑問なのが、医療保険に入ることを提案されている点です。そもそも、医療保険は必要なのでしょうか。

率直に言って、医療保険の必要性はかなり小さいはずです。なぜかというと、日本の公的な医療保険制度はかなり手厚い給付があるからです。公的な保険で事足りてしまうケースがほとんどなのです。

本当に保険料を削りたければ、医療保険の部分だと思うのですが。違うのでしょうか。

定期付終身保険を積極的に売っている保険会社ってあるの?

最後に根本的な疑問を一つ書いておきましょう。

そもそも最近の大手の保険会社って、定期付終身保険を積極的に販売しているのでしょうか。というのも、定期付終身保険はずいぶんシェアを減らしているからです。かつての主力商品が、嘘のようにシェアを減らしています。

そもそも著者の認識が古いんじゃないかと思うんですね。定期付終身保険への契約が前提だとすると、6割を減らすのはなかなか難しそうな気がします。というか、無理ですね。

スポンサードリンク

専門家の意見を聞いてみよう!

生命保険や医療保険についてプロの意見を聞いてみませんか?保険マンモスなら、生命保険の無料相談が出来ます。

保険のプロが複数の保険会社の商品の中からベストの商品を紹介してもらえます。初めての保険選びと言う人も、保険の見直しと言う人も、試してみてください。

生命保険の資料請求に便利な「保険市場」を使う前に

保険市場は生命保険の資料請求をするのにとても便利なサイトです。しかし情報量が多いので、ある程度知識が無いと混乱してしまうかもしれません。 そこで、基本的な保険の種類について、簡単に整理したページを作りました。このページを読んで、どんな保険があるかを知っておくだけでも、保険市場を大分利用しやすくなるはずです。

スポンサードリンク


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。