終身保険が買えないのはマイナス金利のデメリット?| 冷静に考えてみると不利益は小さいはずです

日銀がマイナス金利を導入したときに、いくつかのデメリットがあげられました。そんな中で挙げられたものの一つが、生命保険の保険料に関するものです。

マイナス金利の影響で生保の保険料が上がった

市場金利が下がることで、生命保険の予定利率が下がります。予定利率が下がると、逆に保険料が上がるという仕組みですね。

このような報道が多数見られました。例えば、次のような記事です。

日本生命保険は10日、貯蓄性が高い一時払い終身保険の保険料を4月から平均7%値上げすると発表した。値上げは昨年7月以来、9カ月ぶり。今回の改定で、50歳男性が死亡時に500万円受け取れる保険に加入した場合、支払総額は31万6900円上がって468万7350円になる。1

また、中には、終身保険の取り扱いを中止する保険会社があるというような報道もありました。

影響を受けるのは貯蓄性の高い保険

こういう報道があると、確かになんとなく、消費者にとって不利な政策が採られているという印象を持つ人もいるでしょう。でも、個人的には、それほど不利になっていないように思うのです。

まず、今回のマイナス金利で保険料が上がるのは、これから契約する分に限られます。つまり、既に契約をしている人には影響がありません。

ですから、今契約をしていない人の保険料が高くなるという話なんですね。ということは、現時点で契約していない人は、高い保険料がいやなら契約をしなければいいのです。これって、別に不利なことではありません。

もちろん、本当に必要な保険であれば、契約しないというわけにもいかないでしょう。でも、マイナス金利で保険料が大きく上がるような保険の必要性が大きいかというと、かなり疑問があるのです。

なぜかというと、市場金利の下落の影響を受けて保険料が上がるのは、貯蓄性の保険だけだからです。貯蓄目的の商品であれば、保険以外の商品を探せばいいんですよね。

それに、そもそも、低金利の時代には保険での投資はあまり良い選択ではありません。ですから、そもそも避けておいたほうが良かった商品が、ちょっと買いにくくなったというような話だと思うのです。

マスコミは大きく騒いだが

安倍内閣に批判的なマスコミは、ここぞとばかりにマイナス金利を批判しました。当初は、大失敗であるかのようなレッテル貼りをしているところがかなりありましたよね。

そして、新しい政策で何となく不安に感じた人たちも、マスコミに乗せられるように大騒ぎをしました。Yahoo!ニュースのコメント欄を見ていると、あまり理解しないで騒いでいる人が多かったみたいです。

でも、冷静に考えてみると、私たちにとって大きなデメリットは無いように思えます。マスコミに踊らされないような冷静さは必要かもしれませんね。


  1. 日生、終身保険料を4月から値上げ
    SankeiBiz 2016年3月11日 []

スポンサードリンク

専門家の意見を聞いてみよう!

生命保険や医療保険についてプロの意見を聞いてみませんか?保険マンモスなら、生命保険の無料相談が出来ます。

保険のプロが複数の保険会社の商品の中からベストの商品を紹介してもらえます。初めての保険選びと言う人も、保険の見直しと言う人も、試してみてください。

生命保険の資料請求に便利な「保険市場」を使う前に

保険市場は生命保険の資料請求をするのにとても便利なサイトです。しかし情報量が多いので、ある程度知識が無いと混乱してしまうかもしれません。 そこで、基本的な保険の種類について、簡単に整理したページを作りました。このページを読んで、どんな保険があるかを知っておくだけでも、保険市場を大分利用しやすくなるはずです。

スポンサードリンク


タグ: , , ,

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。