市場金利が下がっても終身保険の契約が増えているのは何故?| 予定利率は下がっているはずなんですけどね

前のページで、2014年度は終身保険の契約者が多かったことをご紹介しました。医療保険についで多く、347万件も新規契約があったのです。

しかも、終身保険の契約が多いのは、今始まった話ではありません。ここ5年は終身保険と医療保険はずっと首位争いをしています。

また、終身保険の契約件数も、平成22年度から次のように推移しています。

  • 平成22年度:303万件
  • 平成23年度:353万件
  • 平成24年度:387万件
  • 平成25年度:337万件
  • 平成26年度:343万件

ばらつきはありますが、300万件台で安定しているのが分かります。終身保険は安定して新規契約の件数が多い生命保険であることが分かります。

市場金利が下がっても終身保険の契約が大きく減らないのは不思議

第2次安倍内閣の発足が平成24年です。そこから始まったアベノミクスの影響で、市場金利は下がっています。

ということは、生命保険の運用利回りである予定利率も下がっているはずなんですよね。運用利回りが下がったという事は、契約者にとって不利になっているはずなのです。

それにもかかわらず契約者が減らないというのは、ちょっと不思議な現象と言っていいでしょう。

営業が頑張って売っているのか?契約者が無知なのか?

もっとも、平成24年度と比べて平成25年度は契約件数が少し減っています。その意味では、金利低下の影響は多かれ少なかれあったとみるべきでしょう。

それでも、平成22年度と比べると、平成26年度は契約件数が多いんですよね。これはやっぱり不思議な数字です。生保会社の販売努力のたまものなのでしょうかねえ。

何にしても、合理的に考えると、終身保険の契約ってもっと減っても良いはずなんですよね。明らかに不利な金融商品ですから。

スポンサードリンク

専門家の意見を聞いてみよう!

生命保険や医療保険についてプロの意見を聞いてみませんか?保険マンモスなら、生命保険の無料相談が出来ます。

保険のプロが複数の保険会社の商品の中からベストの商品を紹介してもらえます。初めての保険選びと言う人も、保険の見直しと言う人も、試してみてください。

生命保険の資料請求に便利な「保険市場」を使う前に

保険市場は生命保険の資料請求をするのにとても便利なサイトです。しかし情報量が多いので、ある程度知識が無いと混乱してしまうかもしれません。 そこで、基本的な保険の種類について、簡単に整理したページを作りました。このページを読んで、どんな保険があるかを知っておくだけでも、保険市場を大分利用しやすくなるはずです。

スポンサードリンク


タグ: ,

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。