50歳代・60歳代の保険契約者が多いのは何故?| 相続税対策という事でしょうか?

生命保険協会の「生命保険の動向」というレポートで、興味深い項目を見つけました。2014年度に新規に生命保険を契約した人が、何歳かを調べたものです。

具体的には、次のような結果でした。

  • 20歳未満:17.1%
  • 20歳代:16.6%
  • 30歳代:19.3%
  • 40歳代:16.8%
  • 50歳代:12.4%
  • 60歳以上:17.8%

比較的バランスよく、各年代が契約していることが分かります。

ちなみに、今回調査対象となった契約には、個人年金保険は入っていないようです。ただ、医療保険やがん保険は入っているようですね。

50歳代・60歳以上の割合が多いのが不思議

率直に言ってこの結果は、私にとっては意外なものでした。「50歳代」と「60歳以上」の割合が、予想以上に多かったからです。

一般的に生命保険というのは、20歳代後半から30歳代あたりで契約する人が多いはずです。なぜなら、夫が不慮の事故などで若くして亡くなったときに、残された家族の生活を維持するために入るのが生命保険の主要な使い方だからです。

そういう目的で保険に入るとなると、子供が生まれたあたりのタイミングで契約し、子供が大学に入るころまで契約を続けるという感じになるでしょうか。となると、契約をするのは、20歳代後半から30歳代あたりになるはずですよね。

ですから、バランスよく各年代で契約者がいることに驚いたわけです。

50歳以上の人が生命保険に入るのは何故?

50歳以上の人が生命保険に入るとしたら、2つくらいしか理由は考えられません。

一つは医療保険に入ることです。

医療保険というのは、入院に備えるための保険です。入院する可能性が高くなるこの時期に、医療保険に入っておこうと思う人がいても、不思議ではありません。

まあ、医療保険に入る必要が無いのに入っている人が多いような気がしますけどね。はっきり言って、現在の日本の社会保障制度があれば、民間の医療保険はあまり必要ではありませんから。

これに関しては、別のページで考えましょう。

もう一つの可能性が、相続税対策として終身保険などの保険に入ることです。

相続税において、生命保険というのはかなり優遇されています。50歳代あたりになると、そういうことを意識する人が増えてくるのではないでしょうか。

やっぱり理解に苦しむ

医療保険や相続対策のことを考えれば、50歳以上の人が生命保険に入っても不思議ではありません。ただ、全契約の3割を50歳以上の人が占めるというのは、やっぱり異常な気がしてなりません。

日本の生命保険って、ちょっと変わっていますね。必要のない保険に入って、せっせと保険会社に貢いでいるという印象すらあります。

それだけ生保会社のマーケティングや営業が頑張っているのでしょう。

スポンサードリンク

専門家の意見を聞いてみよう!

生命保険や医療保険についてプロの意見を聞いてみませんか?保険マンモスなら、生命保険の無料相談が出来ます。

保険のプロが複数の保険会社の商品の中からベストの商品を紹介してもらえます。初めての保険選びと言う人も、保険の見直しと言う人も、試してみてください。

生命保険の資料請求に便利な「保険市場」を使う前に

保険市場は生命保険の資料請求をするのにとても便利なサイトです。しかし情報量が多いので、ある程度知識が無いと混乱してしまうかもしれません。 そこで、基本的な保険の種類について、簡単に整理したページを作りました。このページを読んで、どんな保険があるかを知っておくだけでも、保険市場を大分利用しやすくなるはずです。

スポンサードリンク


タグ: , , ,

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。