中高齢寡婦加算はかなりお得な仕組みです| 40歳から65歳まで遺族年金の額が増えます

遺族厚生年金には中高齢寡婦加算という加算給付があります。率直に言ってかなりお得な仕組みです。

このページでは、中高齢寡婦加算の概略について見ていきましょう。

寡婦加算って何だ?

ちなみに、寡婦という単語はなじみがない人が多いと思います。あんまり目にしない単語ですよね。

これは、大辞林によると、「夫と死別または離婚して、再婚しないでいる女性。やもめ。未亡人。」という意味だそうです。つまり中高齢寡婦加算と言うのは、馴染みがある言葉に直すと、中高齢の未亡人に対する加算という意味ですね。

また、「寡婦」が対象の加算という事は、妻を失った夫は対象外だという事です。女性に有利な仕組みになっているわけですね。

年金制度は女性に手厚い部分が多いですが、これもその一つと言えるでしょう。

中高齢寡婦加算とは

中高齢寡婦加算と言うのは、一言でいうと、遺族厚生年金をもらっている未亡人に対する40歳から65歳までの加算です。

公的な遺族年金には、遺族基礎年金と遺族厚生年金の2つがあります。しかし遺族基礎年金は、子供が18歳の年度末を迎える(一般的には高校を卒業をするタイミグ)と支給が終わってしまいます。

遺族基礎年金が突然終了してしまうと、生活が苦しくなる家庭もあるでしょう。何せ年間80万円程度は収入が減りますからね。

ですから、それをサポートするのが中高齢寡婦加算が存在するわけです。

ちなみに、未亡人の妻が65歳を迎えると、自分の老齢基礎年金がもらえるようになります。そのために、中高齢寡婦加算は65歳までと言うことになっているわけですね。

上に書いたように、妻が40歳になった時点で18歳未満の子供がいる場合は、遺族基礎年金がもらえるので中高齢加算はありません。しかし、子供の年齢が上がって遺族基礎年金がもらえなくなると、その後に中高齢寡婦加算がもらえるようになります。

ちなみに中高齢寡婦加算の額ですが、遺族基礎年金の4分の3にあたる金額です。遺族基礎年金の額は年によって変わりますが、これを書いている時点だとおよそ80万円程度です。ということは、中高齢寡婦加算は60万円程度だと覚えておくといいでしょう。例えば平成29年だと、年額584,500円ですね。

月々5万円程度の収入になるので、中高齢寡婦加算があるのと無いのでは大違いです。妻が一人暮らしをするのなら、食費くらいにはなりますからね。

例えば個人事業主は第1号被保険者なので中高齢寡婦加算がありません。それと比べると、サラリーマン家庭は恵まれていると言えるでしょう。

スポンサードリンク

専門家の意見を聞いてみよう!

生命保険や医療保険についてプロの意見を聞いてみませんか?保険マンモスなら、生命保険の無料相談が出来ます。

保険のプロが複数の保険会社の商品の中からベストの商品を紹介してもらえます。初めての保険選びと言う人も、保険の見直しと言う人も、試してみてください。

生命保険の資料請求に便利な「保険市場」を使う前に

保険市場は生命保険の資料請求をするのにとても便利なサイトです。しかし情報量が多いので、ある程度知識が無いと混乱してしまうかもしれません。 そこで、基本的な保険の種類について、簡単に整理したページを作りました。このページを読んで、どんな保険があるかを知っておくだけでも、保険市場を大分利用しやすくなるはずです。

スポンサードリンク


タグ: ,

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。