子供がいない夫婦だけの世帯は生命保険(特に死亡保険)が必要なのか?

別のページに書いたように、独身の場合は生命保険に入る必要がありません。
その人が亡くなっても、経済的に困る人がいないからです。

次に世帯の人数が増えた場合を考えてみましょう。
具体的には、夫婦だけの世帯です。

世帯の人数が2人になると、何が違うのでしょうか。

死亡保険に入るかどうかの判断は、誰かが亡くなった時に残された家族が経済的に困るかどうかです。
一般的には一家の稼ぎ頭は夫でしょうから、夫が亡くなった時に妻が困るかどうかです。

夫が亡くなるようなことがあっても、現段階で妻が働いている場合は、それ程問題がありません。
夫の死後も、継続して仕事をすれば良いからです。

現在パートタイムで働いている場合は、フルタイムの仕事に買える必要はあるかもしれませんけどね。
まあ、そういうケースでも、何とか対応は可能でしょう。

問題になるケースは、妻が専業主婦のケースです。
妻が専業主婦の場合、夫が亡くなると残された妻は生活に困るはずです。

ですから、妻の生活が困らないように、生命保険に入って準備をする事も考えないといけません。

夫が亡くなった後に妻が働くかどうかがポイント

妻が専業主婦の場合、夫の死後に妻が働くかどうかが保険選びのポイントになります。
万が一の時には妻が働くと考えている場合、準備する額はそれ程必要ありません。

健康でさえあれば、大人1人が自分の生活費分を稼ぐのは、それほど難しいことではありません。
ですから、残された妻が新しい生活をスタートするのに必要な額だけを準備しておけば十分でしょう。

この場合、必要な額は200万円もあれば十分だと思います。
そして、このくらいの額なら、わざわざ生命保険で準備する必要もないでしょう。

頑張って貯金しましょう。

妻が働かない、あるいは働けないケースは保険が必要

生命保険が必要なのは、妻が働かないケースです。
健康上の理由などで、妻が働きたくても働けないケースもあるでしょう。

あるいは仮に働いても、生活していくのに十分な額を稼ぐのは難しいかもしれません。
こういうケースでは、ある程度の死亡保険を準備する必要はあります。

万が一のときに贅沢をしようと思うのは本末転倒

個人的には、夫に万が一の事があった場合は、妻は働く想定でいるほうが良いのではないかと思います。
というのも、現在使えるお金は限られているからです。

確率的に考えると、夫が若くして亡くなる確率よりも、夫婦で老後を迎える可能性の方が遥かに大きいです。
しかも妻が働けば、金銭的な問題は解決可能です。

そうであるのなら、より確率が高い老後のためにお金を貯める方が合理的でしょう。

以上のように考えると、夫婦だけの世帯の場合で妻が健康なら、生命保険にお金を使うのはおすすめできません。
保険料の分だけ貯蓄にお金をまわしましょう。

それが賢い選択です。
仮に保険に入るにしても、死亡保険は抑え目にしておくのがポイントです。

スポンサードリンク

専門家の意見を聞いてみよう!

生命保険や医療保険についてプロの意見を聞いてみませんか?保険マンモスなら、生命保険の無料相談が出来ます。

保険のプロが複数の保険会社の商品の中からベストの商品を紹介してもらえます。初めての保険選びと言う人も、保険の見直しと言う人も、試してみてください。

生命保険の資料請求に便利な「保険市場」を使う前に

保険市場は生命保険の資料請求をするのにとても便利なサイトです。しかし情報量が多いので、ある程度知識が無いと混乱してしまうかもしれません。 そこで、基本的な保険の種類について、簡単に整理したページを作りました。このページを読んで、どんな保険があるかを知っておくだけでも、保険市場を大分利用しやすくなるはずです。

スポンサードリンク


タグ: ,

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。