生命保険の契約件数や保険金額は都道府県による差が大きい

生命保険の世帯あたりの保険契約件数や世帯あたりの保険金額は、都道府県によってかなりの差があります。生命保険協会による調査があるので、どの程度の差があるのかを具体的に見てみましょう。

まず世帯あたりの保険件数ですが、保険件数が多い都道府県と少ない都道府県では、2倍以上の差があります。少ない県と多い件の上位3つは次のようになっています。

●1世帯あたりの契約件数が多い都道府県
1位: 福井県 3.42件
2位: 富山県 3.34件
3位: 山形県 3.05件

●1世帯あたりの契約件数が少ない都道府県
1位: 沖縄県 1.41件
2位: 北海道 2.04件
3位: 宮崎県 2.04件

上位と下位の3つを比べるとわかるように、都道府県によって保険の契約状況はかなり違いそうです。

次に、世帯あたりの保険金額の上位と下位の3つです。こちらは多い都道府県と少ない都道府県で3倍以上の差があります。つまり、世帯あたりの保険件数以上に顕著な差が出ているわけです。

●1世帯あたりの保険金額が多い都道府県
1位: 福井県 2607.4万円
2位: 富山県 2359.9万円
3位: 山形県 2051.8万円

●1世帯あたりの保険金額が少ない都道府県
1位: 沖縄県 895.5万円
2位: 北海道 1127.7万円
3位: 宮崎県 1178.7万円

これを見るとわかるように、保険件数の順位と保険金額の順位は全く同じです。これらの契約状況の差は、何に起因するのでしょうか。

持ち家と生命保険は関係が深いのか?

生命保険の契約件数と保険金額の上位の都道府県は、実は持ち家率が高い都道府県でもあります。
具体的に言うと、次のような関係にあります。

保険金額1位の福井県: 持ち家率は3位
保険金額2位の富山県: 持ち家率は2位
保険金額3位の山形県: 持ち家率は4位

つまり、保険金額の1位から3位の都道府県が、持ち家率の2位から4位を占めているわけですね。

余談ですが、持ち家率1位の秋田県の生命保険の保険金額は全体の41位です。秋田県だけどうしちゃったのでしょうか。不思議ですね。

逆に保険金額が少ない3県ですが、やはり持ち家率も低いようです。持ち家率も下位に位置しています。

ということで、世帯あたりの保険契約件数や保険金額と持ち家率には、それなりの関係がありそうです。

本来なら逆のはず

ところで、本来なら持ち家の世帯は、死亡保険の保険金額が少なくてもいいはずです。

まずローンを完済していれば、住居費に追加の費用が発生しません。ですから、その分は生命保険を減らす事ができます。これは納得していただきやすいでしょう。

次に住宅ローンが残っているケースでも、生命保険は減らす事が可能です。というのも、住宅ローンを組んでいる人は、団体信用生命という保険に入ることが多いからです。この保険のおかげで、ローンの借主が死亡するとその後の住宅ローンの返済は不要になるのです。

ちなみに、団体信用生命は個人保険ではありません。団体保険に分類される保険です。ですから、世帯毎の保険金額や保険契約件数には含まれていません。

このような状況があるので、本来の必要性からいうと、保険金額の順位は全く逆の結果になるはずなのです。持ち家が多い都道府県の方が生命保険に入っていると言うのは、正直に言って不思議な結果です。

県民性なのでしょうかねえ。そのくらいの理由しか思い浮かびません。

スポンサードリンク

専門家の意見を聞いてみよう!

生命保険や医療保険についてプロの意見を聞いてみませんか?保険マンモスなら、生命保険の無料相談が出来ます。

保険のプロが複数の保険会社の商品の中からベストの商品を紹介してもらえます。初めての保険選びと言う人も、保険の見直しと言う人も、試してみてください。

生命保険の資料請求に便利な「保険市場」を使う前に

保険市場は生命保険の資料請求をするのにとても便利なサイトです。しかし情報量が多いので、ある程度知識が無いと混乱してしまうかもしれません。 そこで、基本的な保険の種類について、簡単に整理したページを作りました。このページを読んで、どんな保険があるかを知っておくだけでも、保険市場を大分利用しやすくなるはずです。

スポンサードリンク


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。