現状、かんぽ生命の学資保険は消費者にとってメリットが小さい契約になっている

かんぽ生命が学資保険の新商品を発売したがっています。今でも学資保険はあるのですが、内容を変更し新しい学資保険に変更しようとしているのです。

しかしこれに関して、大きな問題に直面しているようです。生保各社の反対しているのです。

現状のかんぽ生命の学資保険の何が問題なのでしょうか?そして、消費者にはメリットのある変更なのでしょうか?ちょっと調べてみました。

その結果、かんぽ生命が変更したいのは自然な事だとわかりました。現状の学資保険は大きな問題を抱えているからです。

Q そもそも、学資保険って何?

学資保険というのは、子供の教育資金を準備するための保険です。こども保険とも呼ばれています。私立大学に通った場合、4年で400万円程度の学費がかかります。これを準備する為に入る人が多いようです。

Q 学費をためるのに保険にするメリットは?

保険の形で学費をためるメリットは、父親が若くして亡くなったときに困らないようにする為です。学資保険の場合、父親が死亡した後の保険料の払い込みが免除されます。仮に父親が若くして亡くなっても、学費の心配が要らないわけです。

Q かんぽ生命はなぜ学資保険の内容を変えたいのか

まず気になるのが、なぜかんぽ生命が学資保険の内容変更をしたいかでしょう。

学資保険というのは、上に書いたように、子供の教育資金を準備するために入るものです。それにもかかわらず、かんぽ生命の学資保険は子供の死亡に関して手厚い保障が付いているのです。

子供の学費を準備する保険で、子供の死亡に保障があるなんて、何とも変な話ですよね。

保障が手厚ければ、私たちが払う保険料は高くなります。必要のない保障のために保険料が高すぎるのだとすれば、本末転倒ですよね。

これでは他の生保会社と競争できないので、学資保険の内容を変更したいのです。

Q 私たちにとってはメリットがあるのか?

上に書いたような理由で、現在の学資保険はあまり合理的な保険ではありません。必要が無い保障が付いているのですから、当然ですよね。

ですから私たちにとっては、今回の変更は歓迎すべきです。

Q 生保各社はなぜ反対するのか

生保各社が反対する理由は明確でしょう。かんぽ生命が競争力のある商品を出せば、自社の利益が脅かされるからです。

でも、これって消費者の事を考えていない行動ですよね。消費者にとって有利な変更を止めようとしているのですから。

色々と理屈はつけていますが、結局のところ、保険会社は消費者のメリットよりも自社の利益を優先しているように見えます。まあ、私企業ですから当然ですけどね。ちょっとイメージはよくないかなとは思います。

スポンサードリンク

専門家の意見を聞いてみよう!

生命保険や医療保険についてプロの意見を聞いてみませんか?保険マンモスなら、生命保険の無料相談が出来ます。

保険のプロが複数の保険会社の商品の中からベストの商品を紹介してもらえます。初めての保険選びと言う人も、保険の見直しと言う人も、試してみてください。

生命保険の資料請求に便利な「保険市場」を使う前に

保険市場は生命保険の資料請求をするのにとても便利なサイトです。しかし情報量が多いので、ある程度知識が無いと混乱してしまうかもしれません。 そこで、基本的な保険の種類について、簡単に整理したページを作りました。このページを読んで、どんな保険があるかを知っておくだけでも、保険市場を大分利用しやすくなるはずです。

スポンサードリンク


タグ: , ,

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。