定期保険とは| 小さい保険料で大きな保障が得られる使い勝手が良い生命保険です

定期保険というのは、生命保険の中でも、死亡保険と呼ばれるものの一つです。死亡保険というのは、被保険者が死亡した時に保険金が支払われるタイプの生命保険のことを言います。

定期保険の場合、10年とか15年の契約期間が設定されています。その期間に被保険者が死亡した場合、保険金が支払われます。契約が切れてからの死亡に対しては死亡保険金は支払われません。

期間が決まっているので、定期保険というわけですね。1

ちなみに、保険の契約期間が決まっていない死亡保険を、終身保険といいます。期間が決まっていないというのは、契約している限り死ぬまで保険の対象になるということです。

保険料が安い

定期保険の最大の特徴は、死亡保険金に対して保険料が安いことです。保険金が1,000万円程度の死亡保険でしたら、月々の保険料が1,000円とか2,000円程度で利用できます。

月々の保険料は保険会社や被保険者の年齢、性別などによって違います。安い保険会社を探すためには、同じ条件で比べてみるといいでしょう。

死亡保険金が大きい場合には、終身保険で準備をするのは不可能です。月々の保険料が大きくなりすぎるからです。

こういう場合は、定期保険を使うのが便利ということですね。必要があれば、数千万円程度の死亡保険金をかけることも可能でしょう。

定期保険のその他の特徴

定期保険のその他の特徴をいくつかご紹介します。

保険料の月額払いをしている場合、途中で解約しても解約返戻金が出ません。解約返戻金というのは、解約時に戻ってくるお金の事ですね。

つまり定期保険の場合、解約した時点で何も戻ることなく契約が終了します。稀に解約返戻金が出ることもあるようですけどね。額としてはわずかです。

また一部の保険では、契約が満了した時に満期保険金というお金が支払われることがあります。しかし、定期保険の場合は、これもありません。完全に掛け捨ての保険ということです。

  1. 定期保険とは []

スポンサードリンク

専門家の意見を聞いてみよう!

生命保険や医療保険についてプロの意見を聞いてみませんか?保険マンモスなら、生命保険の無料相談が出来ます。

保険のプロが複数の保険会社の商品の中からベストの商品を紹介してもらえます。初めての保険選びと言う人も、保険の見直しと言う人も、試してみてください。

生命保険の資料請求に便利な「保険市場」を使う前に

保険市場は生命保険の資料請求をするのにとても便利なサイトです。しかし情報量が多いので、ある程度知識が無いと混乱してしまうかもしれません。 そこで、基本的な保険の種類について、簡単に整理したページを作りました。このページを読んで、どんな保険があるかを知っておくだけでも、保険市場を大分利用しやすくなるはずです。

スポンサードリンク


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。