生命保険は小さな小さな負担で大きな保障が得られる

生命保険に限らず、保険の最大のメリットは、小さなお金で大きな保障を手に入れられることでしょう。このおかげで、突然大きなお金が必要な事態に陥っても、経済的に追い詰められることなく対処できる分けです。

もう少し具体的に考えてみましょう。

夫に万が一のことがあったときにも、保険があれば残された家族の生活は守られる

一般に、家計の中で一番お金を稼ぐのは夫であるというケースが多いでしょう。ということは、夫が突然亡くなった場合、残された家族は経済的に困ることになります。

日本人の平均的な年収を考えれば、夫を失うと言うのは、それまであった年間数百万円の収入が突然なくなるのと同じことです。当然ですが、立ち行かなくなる家計も多いはずです。

しかし、生命保険に入っていれば、数千万円単位のお金が一時金として入ってきます。残された家族も、経済的に追い詰められずに生活を続けることができます。

しかも、この保障を得るための必要な負担は、掛け捨ての保険なら月々数千円で済むのです。、年齢にもよりますけどね。

これは一般家庭でも十分に出せる負担できる額のはずです。月々数千円で、万が一の時の金銭的な保障を買っているということですね。

当然ですが、預貯金ではこんなことは無理ですよね。

生命保険の中心は死亡保険

ちなみに、誰かが亡くなったときにお金が支払われる保険を、死亡保険といいます。死亡保険は生命保険の中で最も代表的なものであり、なおかつ最も重要なものであると言っていいでしょう。

死亡保険には、完全に掛け捨ての定期保険と、貯蓄性のある終身保険があります。最近は掛け捨ての定期保険を勧める人が多いのですが、どちらが良いかは保険の目的によって異なります。

一般家庭で1千万円以上の死亡保障が欲しければ、定期保険を選ぶことになるでしょう。あるいは、定期保険と終身保険を組み合わせることになります。

病気になった時の入院の費用に対処する医療保険

人生においてまとまったお金が必要になるのは、何も夫の死亡に限った話ではありません。入院することになった場合も、ある程度まとまった支出が予想されます。一般的には、数十万円単位のお金がかかります。

医療保険と呼ばれるタイプの保険を使えば、入院の時のまとまった支出に対応することが可能です。長期の入院が突然必要になっても、経済的に追い詰められることも無いわけです。

医療保険の場合、入院1日につき1万円と言うような形で、保険金が支払われます。入院の長さに比例する形で保険金が支払われるので、長期の入院にも対処しやすいのが特徴と言っていいでしょう。

代表的なのは死亡保険と医療保険の2つ

生命保険会社が扱う代表的な保険は、死亡保険と医療保険の2つです。という事は、誰かが亡くなったような時や、長期の入院が必要になった時に助けになるのが生命保険だと思っておけばいいでしょう。

こういうことが起こったときに、経済的に追い詰められないようにするためのものが生命保険だと理解しておきましょう。

まとめ: 生命保険は誰かの死亡や入院などでまとまったお金が必要なときに役に立つ保険。小さな負担で大きな保障が得られるのがポイント。

スポンサードリンク

専門家の意見を聞いてみよう!

生命保険や医療保険についてプロの意見を聞いてみませんか?保険マンモスなら、生命保険の無料相談が出来ます。

保険のプロが複数の保険会社の商品の中からベストの商品を紹介してもらえます。初めての保険選びと言う人も、保険の見直しと言う人も、試してみてください。

生命保険の資料請求に便利な「保険市場」を使う前に

保険市場は生命保険の資料請求をするのにとても便利なサイトです。しかし情報量が多いので、ある程度知識が無いと混乱してしまうかもしれません。 そこで、基本的な保険の種類について、簡単に整理したページを作りました。このページを読んで、どんな保険があるかを知っておくだけでも、保険市場を大分利用しやすくなるはずです。

スポンサードリンク


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。