‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

中高齢寡婦加算はかなりお得な仕組みです| 40歳から65歳まで遺族年金の額が増えます

2017年7月3日 月曜日

遺族厚生年金には中高齢寡婦加算という加算給付があります。率直に言ってかなりお得な仕組みです。

このページでは、中高齢寡婦加算の概略について見ていきましょう。

(さらに…)

NTTドコモが生保の乗合代理店に参入| 既存の代理店は戦々恐々でしょう

2015年10月29日 木曜日

NTTドコモが、生命保険の代理店業務を開始するようです。1 どういう販売形態を取るかと言うと、携帯電話を扱っているいわゆるドコモショップの中で、生命保険の販売をするようですね。

(さらに…)

  1. ドコモが店舗で生命保険販売開始へ、5─6社の商品取り扱い
    ロイター 2015年10月21日 []

生命保険の情報はどこから手に入れる?| プロの意見を聞く

2015年10月7日 水曜日

@DIME というところが、生命保険に関する調査を行っています。色々気になる点がある調査なのですが、今回ご紹介するのは保険加入の際に参考にするのは何かという調査です。

とりあえず、以下のような結果になっていました。

(さらに…)

「生命保険=みんなで助け合う仕組み」と言うのは本当か?

2014年9月22日 月曜日

生命保険と言うのは助け合いの仕組みであると言われることがあります。難しい言葉を使うと相互扶助といいます。これってどういう意味なのでしょうか。また、本当に助け合いの仕組と言えるのでしょうか。

(さらに…)

貯蓄保険ってなに?具体的な商品はどうなっているの?

2014年9月21日 日曜日

保険を使った貯蓄商品はたくさんあります。代表的なのは養老保険や学資保険でしょうか。あとは、老後対策に特化した年金保険も貯蓄型の保険ですね。

でも、これらの保険の他に、「貯蓄保険」というそのまんまの名前の保険があるのをご存知でしょうか。実はいかにも貯蓄向けという感じの保険も存在するのです。

(さらに…)

日本の生命保険会社の営業スタイルは高コストになりがち| 結果的に保険料が大きくなります

2014年9月17日 水曜日

日本の生命保険の特徴の一つが、保険外交員による勧誘でしょう。生保各社が自前の営業職員を雇って、その人が自社の保険を売り歩くのです。生命保険に関する全国実態調査平成21年度という調査の速報版によると、約68%がこの形で販売されているようです。

これは欧米の国々と比べると、かなり独特なもののようです。欧米の国々といっても各国特徴はありますが、複数社の保険を扱う乗り合い代理店や、銀行による販売が多いようです。何にしても、日本のような、一社専属の営業職員を置くスタイルは主流ではありません。

(さらに…)

生命保険会社は、いざと言うときには契約済みの保険の予定利率を引き下げる事ができる

2014年9月16日 火曜日

平成15年の保険業法の改正により、生命保険会社の経営が芳しくない時に保険の予定利率を引き下げられるようになりました。

生命保険会社というのは、預かっている保険料の一部を運用にまわします。そして、その運用の利回りを、契約の時点で契約者に約束しています。要するに、運用の部分だけを見れば、定期預金と同じような形になっているわけですね。そして、その約束した利回りが予定利率です。

ただ、平成15年の改正により、現在の制度では、一定の条件を満たすとこの予定利率を引き下げることが出来るようになったということです。

(さらに…)

保険の必要性を小さい人と契約することで生命保険会社は倒産を儲けてきた| 「死差益」がキーワードです

2014年9月15日 月曜日

死差益という言葉をご存知でしょうか。これは、生命保険会社の利益の鍵を握っているキーワードと言っても良い言葉です。

生命保険を設計するときに、生命保険会社が知っておきたい情報は何でしょうか。色々な情報をつかんでおきたいはずですが、一番重要なものの一つが、○歳の人が△年後に生きているかという情報でしょう。

(さらに…)

生命保険の保険金を受け取る権利は他人に売ったり出来るのか?

2014年8月15日 金曜日

ふと疑問に思ったのですが、生命保険の保険金受取人は、保険金を受け取る権利を誰かに譲ったりすることが出来るのでしょうか?ルールはどうなっているのでしょうか?

例えば、Aさんが被保険者の終身保険で、Bさんが死亡保険金の受取人だったとします。このBさんが死亡保険金を受け取る権利を誰かに譲ることが出来るのでしょうか。

(さらに…)

生命保険の保険料の集金って、他の人に取っては迷惑だよね

2014年8月15日 金曜日

かんぽ生命の普通養老保険の契約のしおりの「保険料の払込方法」というページをみていたら、次のような項目がありました。

集金人を通じての払込み(集金払込み)
●郵便局または当社の支店の集金人がお伺いする方法

集金の担当者が自宅まで来て集金してくれるという方法があるわけです。

(さらに…)