‘生命保険の動向’ タグのついている投稿

50歳代・60歳代の保険契約者が多いのは何故?| 相続税対策という事でしょうか?

2016年9月7日 水曜日

「生命保険の動向」という、生命保険協会の調査によると、50歳以降に新規で生命保険の契約する人はかなり多いようです。新規契約全体の3割のほどが50歳以降なのです。

しかし、一般的には、生命保険というのは若い人のためのものです。なぜかというと、年齢が上がるに従って、生命保険の必要性は小さくなっていくのです。

年齢が高い世代の契約が多いのはなぜなのでしょうか。

(さらに…)

金利固定型の終身保険と比べると変額保険はごくわずか| 金融リテラシーの問題か?保険で貯蓄をする人はリスク回避的なのか?

2016年9月6日 火曜日

すごく大雑把に言ってしまうと、アベノミクスのキモは、金利を引き下げることで経済を成長させることです。金利の引き下げはある程度うまくいっていて、2016年には10年物の国債の金利がマイナスになりました。

ただ、国債の金利の引き下げは、生命保険には悪影響を及ぼす場合もあります。特に、貯蓄性の高い保険である、終身保険や養老保険には大きなマイナスの影響があります。

(さらに…)

2014年に2番目に売れた保険は終身保険| 低金利のご時世に貯蓄型の保険に入る理由が全く分からない

2016年9月4日 日曜日

前のページで見たように、生命保険協会がまとめた「生命保険の動向」によると、2014年に日本で2番目に新規契約件数が多かった生命保険は終身保険でした。ちなみに、第1位は医療保険です。

率直に言って、この結果はかなり不可解です。というのも、市場金利が低い時期というのは、終身保険の契約に向いていない時期だからです。

(さらに…)

一番契約件数が多いのは医療保険、次いで終身保険| 日本人は要らない保険に入りすぎだと思う

2016年9月3日 土曜日

生命保険協会の「生命保険の動向」というレポートでは、個人保険の新契約件数が紹介されています。それによると、平成26年の種類別の新契約件数は多い順に以下のようになっています。

(さらに…)